ニキビの基礎知識

ニキビは本当にあるだけですごく気になってしまうものです。何歳になっても、たまにできてしまいます。そんな誰でも経験があるニキビですが、間違った対処法をしてしまったりすると、跡が残り、消えなくなってしまうかもしれないので、注意が必要です。そんなニキビの基礎知識についてご紹介します。ニキビはまず、思春期時代にできる思春期ニキビと、大人になってからできる大人ニキビがあります。基本的には、どちらも、毛穴が塞がれ、詰まってしまい、毛穴の中で雑菌が繁殖し、ニキビができてしまいます。ただ、ニキビの基礎知識で一番重要なことは、思春期ニキビと、大人ニキビでは毛穴がなぜ塞がれるのかという理由が違うのです。ですから、同じ対処法で歯改善できない場合も多いのです。思春期ニキビの場合は10代のように若いうちというのは、皮脂の量が多いので、その皮脂によって毛穴がふさがれるのが原因です。ですから思春期ニキビの場合は、洗顔などで、しっかりと清潔に肌を保ち、皮脂を除去するという方法で割と改善する可能背うが高いです。でも、大人のニキビはこの方法では改善しません。なぜなら、大人のニキビは、毛穴がふさがる理由が、ストレスやホルモンバランス、乾燥など様々です。乾燥してしたり、ストレス、不規則な生活を行っていると、肌の産まれ変わりがうまくいかず、いつまでも古い角質が表面に残ってしまいます。そうすると、古い角質が毛穴を覆ってしまい、ニキビの原因になるのです。ですから、もちろん油分の多い化粧品は避けた方が良いですが、取りすぎて乾燥させてしまうと、逆効果です。きちんと潤いも与え肌を柔軟に保ち、健康な状態にするという事が大事です。ニキビの基礎知識をしっかりと知っておくと、間違った対処法によるトラブルが減少するので、きちんと自分のニキビの原因を把握する必要があります。