ホルモンバランスの乱れ

ニキビの基礎知識を知ることは、ニキビの予防に繋がります、では、ニキビの基礎知識とは何があるのでしょうか。それは、ニキビがどのような原因で起こるかということです。ニキビには、思春期ニキビと大人ニキビと呼ばれるものがありますが、医学的には病名は同一で発症するメカニズムも同じです。しかしながら、思春期ニキビと大人ニキビはできる原因が異なるため予防のために同じケアをすることはできません。では、ニキビができる原因は何があるのでしょうか。思春期ニキビの場合は、思春期特有のホルモンバランスの乱れによって、新陳代謝が活発化することで皮脂の分泌が多くなり、結果、毛穴に皮脂がつまることで起こります。逆に、大人ニキビの場合は、同じホルモンバランスの乱れでも、食生活の乱れや睡眠不足、ストレスなどの生活環境によって、皮脂の分泌が多くなり起こります。また、女性の場合は、化粧などで毛穴をふさぐことが原因になったり、生理前後はホルモンバランスが乱れるために発症しやすい環境になるなど様々な要因があります。このため、それぞれの予防法としては、思春期ニキビの場合は、できるだけ皮脂を毛穴にためないように洗顔が大切になります。洗顔でできるだけ肌を清潔に保つことが予防に繋がるのです。しかし、大人ニキビの場合は、そもそも生活の乱れやストレスが原因になる場合も多く、それらを改善する事が大切です。また、スキンケアは余分な油分を残さない洗顔も大切ですが、同時に保湿も重要視することがニキビケアに繋がります。このように、ニキビの基礎知識を知れば、対処法が違うことも分かると思います。ニキビは痛いだけでなく場合によっては痕に残る厄介なものです。できるだけ予防を心がけ、できない環境作りが大切です。